シンガポール弾丸観光

 

沖縄を経由し、シンガポール

今回は修行初の海外遠征となりました。

修行経路は以下の通りとなります

沖縄→東京→シンガポールチャンギ空港)→東京→沖縄

このルートを選択したのはpp単価を上げたいがために選択しました。いわゆる海外乗り継ぎ割引に沖縄を入れたSINタッチと呼ばれるpp単価を稼ぐための乗り方です。

そのため、苦行に近い経路となり、シンガポールには深夜に着き、さらにシンガポールからは早朝便の出発となるある意味「眠ったら負け」みたいな修行でした。

 

羽田からシンガポールへの航路、機内では飽きませんでした、なぜなら、最新映画「ラララ ランド」があるじゃないですか、映画館で観ましたが、飽きもせずにフライト中は鑑賞しておりました。ANAの国際線では最新の映画が流れているので飽きないです。隣の女性の方はテトリスゲームをしてました。ゲーム機能もありましたが、自分は使ってないです。

f:id:milemiler:20170730194124j:plain

f:id:milemiler:20170730194419j:plain

チャンギ到着、トランジットホテルへ宿泊

 

チャンギ空港に到着。ANAはターミナル2です。

f:id:milemiler:20170730194850j:plain

トランジットホテルを予約しているので移動、一番近いホテルはターミナル2にある、トランジット2のホテルを予約するのが正解です。トランジット1のホテルを予約した私は、ANA便到着後にかなりの時間を歩くことになりました。ここで注意ですが、空港内のトランジットホテルに泊まる場合は、すぐに預けた手荷物を受け取れない、てか制限エリアをでないと手荷物を受け取れないので、トランジットホテルを利用の場合は。荷物は機内持ち込みをお勧めします。自分は機内持ち込みを行いました。

 

今回、泊まったホテルはexpediaから申し込んだのですが、公式ホームページから申し込むほうが良いと思います。ホテル側からチェックイン時間のやり取りに時間がかかり、かなり難儀な思いをしてしまったからです。そうです、トランジットホテルは特殊でチェックインとチェックアウトが同日になってしまい、Expediaからはそのような情報を入力できないからです。

 

まずは、シャワーチェックですが、画像がなくて残念です。自分が使う時間は掃除の時間と重なり、インド系のおばちゃんが掃除してました。一応は使えたのですが、清掃がきちんとされてなくて残念。

 

さて、泊まった直後に大変なことが起きましたなんと寝坊してしまい、1時間遅くなってしまったのですが、ホテル側の好意により追加の料金はなしです。

 

シンガポール弾丸観光の前に

シンガポールへ弾丸観光へ行きます。ただ、荷物が邪魔でしたのターミナル2にある荷物預かり所に一時荷物を預けます

f:id:milemiler:20170730195318j:plain

 

市内観光へ出発、そのさいは1日乗り放題シンガポールツーリストパスを購入し、いざい観光へと向かいます。

f:id:milemiler:20170730195434j:plain